Skip to content

Jupyter Notebookの準備

このページではJetson Nano Mouse用AI教材であるrt-net/jnm_jupyternotebookの紹介をします。 またインストール方法を紹介します。

サンプルの概要

機械学習を利用したプログラムでロボットを動かすJupyter Notebookのサンプルです。 NVIDIA社が公開しているAIロボットキットであるJetBotのプロジェクトをベースにしています。 そのため、JetBotの解説を読みながら理解をすすめることもできます。

プロモーション動画の1:03以降で紹介しています。

このサンプルの実行に必要なもの

  • Jetson Nano
  • ノートパソコン等操作用PC
    • Google Chromeが起動すること
      • その他のブラウザでは正常に動作しない場合があります
    • Jetson Nanoと同じネットワークに接続されていること

Jupyter Notebookについて

Jupyter Notebookを使うとコードとドキュメントが一体化した「ノートブック形式」でコードとドキュメントを保存できます。

ノートブック形式

コードはテキストエディタやIDEで書いて、ドキュメントは別で用意することは一般的でしたが、Jupyter Notebookが使える場合にはコードを対話的に実行して動作確認し、ドキュメントを一緒につけて保存することができます。 Jupyter Notebookを活用した教材もあり、たとえば、千葉工業大学の上田隆一先生の「詳解 確率ロボティクス」ではJupyter Notebookでロボットのシミュレーションとアルゴリズムの解説をしています。

Jetson Nano Mouseの起動

コネクタ基板の向きを確認します。Motor SWをOFFにし、Main SWをONにしておきます。

JupyterLabへのログイン

Webブラウザでhttp://jnmouse.local:8888を開き、パスワード"jnmouse"を入力してログインします。

FileメニューからTerminalを起動します。

以後、このページ内のコマンドは以下の画像のようにこのTerminalに入力していきます。

Jetson Nano Mouse用のJupyter Notebookの更新

gitコマンドでrt-net/jnm_jupyternotebookを更新します。

$ cd $HOME/jnm_jupyternotebook
$ git pull

つぎにJetson Nano Mouse制御用のPythonパッケージ、「jnmouse」の最新版をインストールします。

$ sudo python3 setup.py install

次にダウンロードしてきた最新版のJupyter Notebookを~/Notebooksディレクトリにコピーします。 本チュートリアルで紹介しているイメージでは起動時に~/NotebooksディレクトリでJupyter Lab(Jupyter Notebookを拡張したもの)のサーバが8888番ポートで立ち上がるようになっています。

$ ./scripts/copy_notebook.sh

以上でJupyter Notebook実行のための準備は完了です。
最新のJupyter Notebookを読み込むため、ブラウザのタブを閉じておきます。
(ページのリロードでも問題ありません。)

Back to top